カナン園の教育理念

遊具で遊ぶこどもたちイラスト

1967年に東春男牧師が創設して以来、カナンでは 首尾一貫してキリスト教の精神で子どもたちを預かり、 優しい心、神の愛をもって子ども達を育んできました。
カナンという名前は、旧約聖書の時代に、アブラハムが 神様からいただいた【約束の地】という意味です。カナンの子ども達が、自由にのびのびと個性を十分に発揮して、幸せな子ども時代をすごせる約束の地であるように、と付けられた名前です。

イエス様は私は良い羊飼いであるとおっしゃいまし た。良い羊飼いは羊の声を聞いただけで、羊が何をしたいのかわかる。羊は良い羊飼いの声をきいたらよろこんでついてくるのです。

小さな子ども達をあずかる仕事も同じです。よい保育者は子どもの様子、泣き声をきいただけで子どもの要求がわかります。こどもたちもまた、自分の先生の声をきいて安心して過ごせるのです。まず子ども達が安心して過ごせる、安心して遊べる場所であることが本当に大切なことです。

その上で、子ども達、ひとりひとりの能力に限界をつくらず、もっともっととできることを引き出してあげられるように、自信をもって世界にはばたいてゆける子どもになれるように、好きなこと、興味のあることをたくさん見つけられるために、たくさんの経験、たくさんの命にふれられる保育を日々続けています。乗馬を保育に導入していることもそのひとつです。

また、植物を育てる経験や、畑での農業体験。楽器にふれ、音楽や歌、劇を経験してともに音楽・芸術を作る喜びをあじわったり、競争や運動を経験して体を鍛える喜びをあじわったり。さらに自分の経験を絵や作品に表す喜びをあじわったり、ものづくりの楽しさを経験させています。

英語で遊ぶ時間も、遊びながら自然に言語のすばらしさ、複雑さを身につけてほしいと考え、ネイティブ、イングリッシュの先生にお願いしています。すべては子ども達のためになるように。子ども達がいつも幸せであるように。と耳を傾け、心をくだいております。

子ども達を来させなさい。とイエス様おっしゃったことばが聖書の中にあります。『こどもにはこの程度でいい、』とか、『小さい子どものときの事なんておぼえてない。』などどいう人がいると、この聖書のことばを思い出します。小さいときが大切です。たとえ覚えていなくても、小さいときに幸せだったことは、大きな心を育てます。一番たいせつな小さいときを幸せに、のびのびと、愛のなかで育って、やがて愛をみんなに分けてあげられる人になってほしい、と願い、日々保育をしております。

園長 今成暁子

 

このページのトップへ

カナンプレイス沿革

1967年 東春男牧師によって前橋バプテスト教会ようちえんカナン園として設立
東牧師の長女暁子(現園長・今成暁子)、次男幸寛、をふくむ園児5名で出発
発足当時はバプテスト教会旧教会堂を保育室とした
二期生五十嵐氏の紹介により群馬大学付属病院のすぐ近くということで、園児が急増。
5年後には園児20名以上、10年後には100名を数えるようになり、教会堂新築とともに、保育室、園庭遊具を増やす。
1981年  園児だった 故 鈴木史子ちゃんの記念にと群馬県でははじめてデンマークコンパン社の遊具ファンタジア宮殿が寄付される。
その色の美しさ、シュタイナー教育にもとづいた形の機能性、安全性が高く評価される。
以来、デンマーク・コンパン社の遊具を導入。
バザー、卒園記念の寄付などあわせて、少しずつふやしてゆき、8つの遊具を導入。
2002年 東春男牧師が退官し、園長も退職する。
2003年 その後、教会側の都合でカナン園の一年後の閉園を発表。
当時の在園児、卒園児、卒園児の父兄が閉園を反対し、話し合いがひらかれるも、決定はくつがえらず、移転先を模索する。
2004年 現在の場所大渡町に移転を決意。
一般住宅を大改造し、子どもに安全な天然、自然乾燥木材を使った保育室を建てる。
2005年 名前をカナン園の場所という意味で カナンプレイスと付け、4月にスタートする
4月開園記念コンサート。大渡合同庁舎ホールにて。
出演は今成寛と仲間達
4月当初は職員4名、園児7名、学童保育4名
5月31日 特定非営利活動法人として群馬県の認証を受ける。
2008年 カナン40周年コンサート
カナン保育室にて 湘南よりブラスグループのウエスタリーズ(サキソフォーン・東 幸寛と仲間たち)演奏
卒園生が集まる。
2010年1月7日 カナンプレイスに移転して5周年記念講演会
ケイ・アンナさん『自立を助ける子育て』
参加は少人数ながら、多くの卒園生、ご両親の協力で開かれる。
   
顧問 東 春男
東 春男 顧問
1930年台湾に生まれる。
14歳の終戦に父の実家のある佐賀へ。
西南学院 神学部卒業牧師となる。
東京・広島の教会の副牧師を経て、前橋の教会の牧師として赴任。
以来50年間前橋の地にてキリスト教伝道につとめる。
1967年からは幼児教育の大切さを思いカナン園設立。
38年間園長としてつとめる。
現在もカナンの園児礼拝でお話をしている。
また自宅礼拝堂にて毎日曜日、礼拝を行っている。
園長 今成暁子
今成 暁子 園長
1961年前橋生まれ。東春男牧師の長女として生まれる。
兄 喜峰、弟、幸寛・和成の4人兄弟の2番目。カナン園卒。
前橋市立敷島小学校、第三中学校、群馬県立前橋南高等学校卒。
群馬大学教育学部美術卒。
幼稚園一級、小学校一級、中学校一級、高等学校二級免許取得。
1984年よりカナン園職員として働く。
1986年ロサンジェルスのペッパーダイン大学にて幼児教育サマーセミナー修了。
アメリカ社会の現実を学び、幼児期における精神的な教育の重要性を痛感する。